診療科目services

一般歯科

一般歯科
「歯が痛い」「噛めない」「歯がしみる」「歯ぐきが腫れた」「入れ歯を作りたい」などお口の中のことでお困りや、お悩みをもっておられる方の治療をします。 お口の中の状況を診断して最適な治療方法をご提案し、納得していただいた上で治療を進めていきます。

当院では、より良い治療を受けたいという方のために、保険治療のみならず新しい考え方に基づいたむし歯治療や歯周病の検査も行っています。
興味のある方はお気軽にご相談ください。

■ ドックスベストセメント

むし歯治療というと、細菌に侵された部分をきれいに取り除き、つめ物やかぶせ物を入れるという方法が一般的です。むし歯の進行具合によっては神経を取ることが必要となります。
しかし、このドックスベストセメントはむし歯部分を完全に取り除かなくてもよく、セメントがむし歯部分の無菌化・再石灰化を促します。
赤く染まっているところが虫歯です
むし歯を全部取り除くと神経まで到達してしまう可能性がある為、ある程度むし歯を残した状態でドックスベストセメントを使用します。
大きく歯を削らない + 殺菌力のある薬でむし歯の進行を抑えるため、そのままむし歯を治療するよりも、神経を残せる可能性が高くなります。
1. 今からお薬をつめていきます。

1. 今からお薬をつめていきます。

矢印
2. お薬を固めています。

2. お薬を固めています。

矢印
3. 固まったら形を整え、つめものを作るためにお口の型取りををします。

3. 固まったら形を整え、つめものを作るためにお口の型取りををします。

神経を取った歯は、歯の根っこの先に膿がたまって痛みがでたり、歯がもろくなるため破折し抜歯になったりすることもあります。神経を取ってしまうと歯の寿命は確実に短くなります。
歯にとっては「歯を削らないこと」「神経を取らないこと」が良いことなのです。
このセメントを使うことにより、神経を保存できる可能性が高まり、歯を長持ちさせることができます。
ただ、すべての症例に適応できる訳ではありません。またメリット・デメリットも詳しく説明いたしますので、まずはご来院の上、お気軽にご相談ください。

■ 歯周病細菌検査

歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまう恐ろしい病気です。そして自覚症状がなく進行し、「痛い」「腫れた」「歯が動く」などの症状が出たときには手遅れなことも少なくありません。

歯周病は感染症です。細菌が原因な訳です。
歯周病細菌検査を行うことにより、歯周病に影響がある細菌の種類や量を遺伝子解析で特定することができます。そして特定した原因菌を薬を服用して除菌します。

器具を使っての機械的な細菌の除去 + 薬での除菌

そうして一気に細菌を減らすことで、自身の治癒能力を高め、歯周病の治療の効果を上げることができます。
検査の流れ