診療科目services

小児歯科

小児歯科

お子さん一人ひとりの成長にあわせた、むし歯の予防や治療を行います。
子供のときはあらゆる分野において大切な時期です。
歯に関しても同じで、子供のときに適切な処置を受け、そして歯の知識を身につけることが歯を長持ちさせる秘訣です。

当院は自分の歯は自分で守るというコンセプトのもと、大人になったとき、「きちんとやってよかった」と思えるような治療を提供します。
むし歯の治療を行うだけでなく、歯みがき指導や定期検診などを継続的に行い、お子さんのお口の健康を守るためのお手伝いをさせてください。

当院は、むし歯の治療をする場ではなく、むし歯を予防する病院を目指しています。

むし歯をつくらないお口の環境づくり

■ 定期検診

虫歯の治療で歯科医院を訪れると、治療による恐怖心をもってしまいます。
歯磨き指導で歯科医院に来れば歯医者が嫌になりません。
当院では、お子さんのむし歯のリスクに応じたメインテナンス(定期健診)の期間を決めて、定期的に通っていただくことをおすすめしております。

将来、歯に困らないようにするためには、子供のころからの習慣やお口のケアが必要不可欠です。

■ おうちの人がする仕上げ磨き

子供の虫歯は親の責任です。子供は一人で確実に歯磨きができないですし、乳歯の歯の質は永久歯に比べて弱いため、虫歯になりやすいという理由からです。小学生の間に親御さんの仕上げ磨きが必要ですし、少なくともそれまでは問題が起きないように見ていないといけません。

歯がとなりの歯と接するようになれば、フロスも使いましょう。
※フロスとは、歯と歯の間を掃除するデンタルフロス、糸ようじのことです。

■ おやつについて

甘いものは虫歯に直結します。間食も虫歯に直結します。甘いものをとらなければ簡単に虫歯になることはなく、特に2~3才頃、甘いものを食べると虫歯菌が住みつきやすくなります。
そうはいうものの甘いものはおいしいですよね。ですので食べるにしても、だらだらと食べるのではなく、時間を決めて食べるようにしましょう。

なるべく、甘くないおやつか代用甘味料入りのおやつがいいと思います。

■ フッ素塗布

フッ素塗布
フッ素には「むし歯の活動を抑える」「歯の質を強化する」「歯の修復を進める」という効果があります。
当院にて歯のクリーニングと合わせてフッ素塗布を行っており、毎日のホームケアでもフッ素入りの歯磨き粉やフッ素ジェルをおすすめしています。

■ 予防充填(シーラント)

予防充填(シーラント)
奥歯の噛み合わせの部分にある溝は深く汚れが落としにくく、むし歯が発生してしまう場合があります。
その溝の部分にフッ素を含んだ樹脂を埋めてむし歯を予防する方法です。