第82回 歯のタウンミーティング

1月22日(水)12:30〜第82回歯のタウンミーティングを開催しました。

<参加者のご感想>

これからも長いお付き合いで治療をお願いします。(47歳女性)

自分が今までどんな意識だったのかなという自分を見つめ直すきっかけになりました。親が結構歯があまり良い状態ではないので自分もそうなる可能性があるのかな。我が子がそうならない様に歯を大切にしてやりたいなとおもいました。今後、子供の歯を守るために親がすべきこと等しっかり学べる場があればまたお話を聞きたいと思います。(30歳女性)

今までどれだけ歯の神経を抜いてきたことか。知識があればよかった。今日はありがとうございました。(52歳女性)

知ることの大切さが大切だと思いました。子供向けも是非やってほしいです。(30代女性)

これからも残っている歯を大切にして、定期的にメンテナンスに通いたいと思いました。良いお話が聞けてよかったです。(52歳女性)

虫歯って歯磨きで防げるわけではないと初めて知りました。これからも定期的なメンテナンスに通おうと思います。(26歳女性)

 

 

第81回 歯のタウンミーティング

R1年12月14日12時半から第81回歯のタウンミーティングを開催しました。

<参加者のご感想>

要点と要点の間の話が面白かったです。またそのおかげで要点が良くわかりました。習慣化できる様にします。(17歳男性)

今日お話しを聞かせていただいて歯についての色々な事がわかりやすく入ってきたのでまた来てみたいなと思いました。歯の大切さが今までよりわかった気がしました。ありがとうございました。(56歳女性)

今日聞いたお話を頭の片隅に置き、毎日欠かさず1本1本丁寧に歯を磨き1本でも多く歯を残し、40年後(80歳で20本の歯を残す)も、自分の歯で美味しく食べ物を頂きたいです。頑張って予防に努めます。今日はありがとうございました。(37歳女性)

情報、知識、習慣、行動することの大切さがわかりました。ありがとうございました。(56歳女性)

次回あればホワイトニングやセラミックのことが聞きたいです。(27歳女性)

日常の管理が必要。間食を止めるのは難しい(69歳女性)

定期検診の必要性がわかりました。8020になりたいです。(70代男性)

歯に意識を向けて行く必要があると思う。まずは歯磨きをきちんとする事が大切だし、甘いものを少し控えていきたい。習慣づけていきたい。(25歳女性)

昼休みを削ってまで患者さんに伝えたいと行動される先生の話はどんな事なのだろうと興味を持ち受けさせていただきました。先生の歯科に対する思いは伝わりました。ロイテリ菌についてはどう思われますか?1年続けています。また意見を聞かせてください。(46歳女性)

 

 

うそ

うそは頸から頬にかけて美しい紅色、頭と尾が黒い小鳥で

きれいな声で鳴くので有名です。

木うそはこの鳥が木に止まっている形を表したものです。

幸運の守り神として信仰があり大衆に親しまれています。

みなさんに幸運を運んできてくれる事を祈りつつ、病院のどこかにいます。

今年一年どうぞよろしくお願いします

フッ素

Q:フッ素はいつから始めたらいいのでしょうか?フッ素入りの歯磨き粉でオススメはありますか?

A:歯が生えはじめたらすぐに始めると効果的です。

フッ素は生えたばかりで未成熟の軟らかい歯を強くする働きがあるからです。

ただし、フッ素を塗っただけでは完全に虫歯を防ぐことは出来ません。

歯磨きなどのお口のケアが不十分であれば、強化された歯であっても虫歯になります。

歯科医院での定期検診、専門家によるクリーニング、自分に合った歯ブラシ、糸ようじなどを取り入れることも必要です。

 

次に歯磨き粉を選ぶポイントです。

市販の歯磨き粉はフッ素入りと表示があるものの、フッ素の含有量が不明なものもあります。

購入の際は成分表示をご確認ください。

フッ素の濃度はppmという単位で表示されます。

どの年齢でもフッ素濃度は高い方が良いとされていますが、4歳以下のうがいができないお子さんは、飲み込みを考慮し500ppmを推奨します。

目安

歯が生えてから5歳 500ppm

6歳〜成人1000ppm

他にもフッ化ナトリウム(NaF)、フッ化第一スズ(SnF2)、モノフルオロリン酸(MFP)、fluorideのどれかが記載されているものはフッ素入りです。

 

フッ素は歯質を強化する天然のミネラル成分です。

乳歯や生え替わったばかりの永久歯に塗布することで虫歯の予防につながります。

早く始めて、長く続けるほど効果が得られます。

治療後にしみる!

Q:むし歯の治療をした後に、しみやすくなったのですがなぜでしょうか?

A:一時的に知覚過敏の症状がでることがあります。

深いむし歯を削った後は歯の神経に近くなるため、そこに詰めものやかぶせものをした後も、冷たいものや咬んだ刺激がしばらく知覚過敏として症状を出すことがあります。

多くの場合は約1週間〜2週間程度でおさまります。

何もしなくてもしみたり痛い場合は、歯の神経が炎症を起こしており根の治療が必要なこともありますので、歯を入れた後は基本的にチェックする必要があります。

 

シーラントとは

Q:むし歯になりにくくするシーラントとは何ですか?

A:シーラントとは歯を削らずに奥歯の噛む面の溝の部分を埋めて、その溝から出来るむし歯を予防する方法です。

乳臼歯は形がぼこぼこしていて歯の溝が複雑でなかなか汚れを落とし切ることができません。

特殊な樹脂を溝の深い部分に流し込んで固めます。

こうすることで汚れが入ってこなくなります。

「シーラント」は歯の溝をきれいに掃除して埋めるだけ!とても簡単!痛くありません。

ただし、歯と歯の間の虫歯予防効果がないので、歯磨き、糸ようじ、フッ素の応用が必要となります。

また食生活(砂糖)にも注意し、シーラントがはがれてないかなど、定期的に検診を受けましょう。

 

歯を抜くきっかけ

Q:歯はどんなときに抜かないといけないのですか?

A:きっかけは大きくわけて4つほどあります。

①神経をとっている歯の破折

神経をとった歯は弱くなってしまいます。

歯に穴を開けて神経をとるということは、歯の根元から歯の先端へ栄養を送る経路を断つということを意味します。

植物をイメージするとわかりやすいかもしれません。

歯の神経は植物でいえば、根から水を吸い上げ栄養を葉や花へ届ける機能と同じ役目を担っています。

神経をとってしまうと、植物が水を吸い上げ栄養を送る機能を失ってしまうのと同じことなのです。

水分が通わなくなった植物は枯れてしまいます。歯も同じく、もろくなってしまいます。

また、神経をとると歯根の先端に炎症が起き膿がたまる(神経をとっているのに痛い)病気になることもあります。

 

②虫歯が進行して土台が立たない

虫歯が進行しすぎて、歯の根まで虫歯になっていると、残っている歯が少なすぎて土台を立てたり被せものができなくなります。

歯茎の高さより下に虫歯が進行すると、歯を残すことができなくなります。

 

③歯周病

歯周病とは歯を支えている骨を溶かしていく病気であり、結果的に歯を失ってしまうことになります。

自覚症状がほとんどなく、痛みが出たときには重度になっていることが多いです。

 

④周りの歯が少なくなり、支えの骨からダメになる

歯は上下左右に揃って互いに噛む力を支えています。

歯が抜けてぽっかりスペースが空いてしまうと、上下や左右に働く噛む力に押されて、空いたスペースへ歯が倒れこんでいきます。

隣だけではなく、互いに噛み合う上下の歯がなくなると、もう一方の歯は徐々に延びだしてきます。つまり、お口全体の噛み合わせのバランスが崩れてしまいます。

歯を抜いた影響は顎の骨にも出ます。

歯の根は顎の骨に埋まっていて、噛む刺激が歯から骨に伝わることで、顎の骨の新陳代謝が行われています。

歯が抜けてそのまま放置すると、新陳代謝が損なわれ骨は徐々に痩せてしまいます。骨の変形は顔貌にも影響します。

抜歯後そのまま放置すると様々な悪影響が出ます。

 

他にも親知らずなどありますが、大きくわけるとこんな感じです。

メンテナンスをすることで早期発見できたり、大きな治療にならずに済むこともあります。

しっかりメンテナンス、予防していきましょう!

伊藤園新俳句大賞第34弾

「屋久杉が島を吊り上げ天に立つ」

埼玉県の60歳男性の一句です。

「いつか母さんと、屋久杉を見に行きたいのう……」まるであの頃の父の声が聞こえてくるようでした。

世界遺産にもなった屋久杉、パワースポットといわれる屋久杉、、、

いつか私も行ってみたいです。

 

今年も残りわずか…いつもスタッフブログを見てくださりありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

第80回歯のタウンミーティング

第80回はのタウンミーティングをR1年11月15日(金)12:30〜から開催しました。

<患者さんのご感想>

よ〜く分かりました。理解できました。これ以上歯が悪くならないように自分自身頑張ります。(55歳女性)

本日は楽しい(いいお話を聞くことができ)時間を過ごすことができありがとうございました。今からより意識を高めていつまでも丈夫な綺麗な葉をキープしていきたいと思います。(68歳女性)

面倒がらずに早めに通おうと思います。メンテナンスをしっかりしていただこうと思います。(53歳女性)

大変よく分かりましたが変えることは難しいと思います。(85歳男性)

今回の院長先生のお話を聞き私の場合は親が特に母親の歯が悪く、幼い頃から母親のようにならないように歯医者に行かされていました。一応まだ治療している歯はありますが、全部自分の歯なのでお金はかかっっても自分の歯を残せるようにしたいです。今回はとても勉強になりました。永久歯が生えてきている娘の歯も見てもらいたいです。(42歳女性)

いろんなことを聞けて一つ一つ実行できるように努力したいと思います。(79歳女性)

歯について分かりやすく説明していただいてよく理解できました。自分の歯が今最悪な状態であることもわかりましたし、今後今のこの状態を維持するためにメンテナンスと治療をしていきたいと思います。タウンミーティングを聞いて先生がとても身近に感じられて良かったです。ありがとうございました。歯を一本でも多く残したいので頑張ろうと思います。(54歳女性)

 

歯みがき選手権

「私、4位でした!!」

ヨシハラさんが、笑顔でおっしゃいました。
歯みがき選手権の結果です。

思い起こせば、春。
プラークチャートは62%でした。
お昼の歯磨きも、ポーチには歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスを忍ばせ、歯磨きセットを見られた職場の同僚を驚かせながら丁寧に歯磨きをされました。

今回は「恥ずかしいので」という事で、お写真はありませんが、ヨシハラさんのとびきりの笑顔での報告は忘れません。

これからも、微力ながらヨシハラさんの、歯の健康のお手伝いができたらと思います。 どうぞよろしくお願いします。

ヨシハラさん、ありがとうございました。