キャラ弁

あるスタッフの土曜日のお弁当です。
すごいです!なんと、お父さんが作られているとの事(お母さんの家事放棄ではありません)
お父さんの母性を感じます(笑)
また、土曜日が来るのが楽しみです♪

リンク

Q:奥歯を磨くのが苦手で、何かおすすめの歯ブラシはありますか?

A:そんな方におすすめは、バトラー ハブラシ#025 NEOです!

磨きやすいポイント3つ

1、業界一薄いヘッド

2、スリムロングネックでブラシを入れたときにスムーズに動く

3、ハンドルが6角形で持ちやすい

実際に使ってみましたが、すごく磨きやすいです!

奥歯を磨くのが苦手な方向けの歯ブラシです。

詳しくはこちら

気になる方は気軽にスタッフへお声がけください 。

仕上げ磨き

Q:子供の仕上げ磨きは何歳まですればいいのですか?

A:10歳〜12歳くらいまでが理想です。

生えたての乳歯はまだ柔らかいため、虫歯になりやすく、進行しやすいです。

また乳歯と永久歯が混合しており、6歳ごろに生え始める第一大臼歯や、12歳ごろに生え始める第二大臼歯は生え始めのころは背が低いため歯並びが凸凹していて磨きにくくなっています。

12歳頃まで親が仕上げ磨きをした方がいいといわれているのは、小学校高学年まで永久歯への生え変わりが進むこと、奥歯まできちんと磨くのが難しいこと、正しい磨き方ができるようになるころが高学年であるからです。

染め出し液やフロス(糸ようじ)など使うこともお勧めします。

マウスピースの洗浄

Q:マウスピースのお手入れ、保管方法はどうしたらいいですか?

A:マウスピースはハードタイプとソフトタイプの2種類あります。洗浄方法はどちらも同じで水かぬるま湯で柔らかい歯ブラシで優しく洗います。

注意することは、熱湯はマウスピースが変形するので使用しない。硬い歯ブラシや研磨剤の入っている歯磨き粉は、表面を傷つけて細菌が繁殖し、臭いの原因となるので使用しない。

手洗いだけでは汚れや細菌を完全に除去することが難しいので、つけ置きタイプの洗浄剤で除菌すると効果的です。

マウスピース専用も売られていますが、入れ歯専用のポリデントでも除菌効果にあまり差はないのでどちらを使っても問題ありません。洗浄剤を使用した後は、しっかりと洗い流しましょう。

保管方法はハード、ソフトタイプで吸水性に違いがあるので注意することがいくつかあります。

<ハードタイプ>

吸収性が高いので、乾燥させてしまうと破損しやすくなります。使わない時は、ケースで水に漬けて乾燥を防ぐ必要があります。持ち運ぶ時は、濡れたティッシュなどで包むといいです。

<ソフトタイプ>

ハードタイプとは反対にソフトタイプは吸収すると、変形や劣化を引き起こす恐れがあります。洗浄後は水を切り、十分に乾燥させてからケースに入れて保管します。

汚れたままのマウスピースを使用すると、虫歯や歯周病の原因になるので、お口の中とマウスピース両方を清潔に保つように心がけましょう。

 

セラミックの変色

Q:セラミックで治療した所は変色しないのですか?

A:オールセラミック(100%セラミック)は変色することはありません。

セラミックにも種類があり、ハイブリッドタイプは他の材料も混ざってるため、長期間の使用で若干変色することもあります。しかし目立った変色はなく、安定した白さは十分維持することができます。

セラミックとは陶器のことで、お茶碗やお皿などと同じような素材のものです。お茶碗が変色しないのと同じで、表面に汚れが付着することはあっても、クリーニングで研磨すると元の色に戻ります。

 

 

 

口内炎

Q:口内炎がよくできます。何に気をつけたらいですか?

A:口内炎にはこれをしたら早く治る!という絶対的な方法はありません。

口内炎ができたらまずは口内環境を清潔にすることを心がけてください。

具体的には1日3回、丁寧に歯磨きをしましょう。

そして注意すべきは『機械的刺激』『免疫低下』『栄養の偏り』です。

機械的刺激:同じところにずっと口内炎ができるのはとがった歯や被せ物、入れ歯が粘膜を刺激している可能性があるので歯科で診てもらうことをおすすめします。

免疫低下:睡眠不足やストレスがたまる生活を続けると、免疫力が下がります。そうすると機械的刺激を与えなくても、急に口内炎ができることがあります。

栄養の偏り:偏った食生活が原因で口内炎ができることもあります。この栄養素をとれば口内炎を防げる!ということは断言できないので、日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。

口内炎になってしまったときは自身の食生活を振り返ってみて、欠けていた栄養素を洗い出してみましょう。口内炎改善にも効果的ですし、からだ全体の健康保持にも有益でしょう。

 

ただの口内炎と思っていたものが「がん」だったということもあります。

(舌がん、歯肉がん、口唇がんが疑われます)

以下の症状が見られた場合は、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科で検査してもらいましょう。

・どんどん大きくなる・大量に口内炎ができる

・水ぶくれしている・長期間(2週間以上)治らない

放っておくと悪くなる一方なので、口内炎だからと甘く考えて放置せず、少しでもおかしいと感じたら一度病院を受診するようにしましょう。

また、がんの存在にいち早く気づけるよう、日頃から歯磨きなどの際にセルフチェックを行うことも大切です。

第86回 歯のタウンミーティング

4月4日(土)12時30分から第86回 歯のタウンミーティングを開催しました。

<患者様のご感想>

今回で2回目の参加。年に1回は参加てみようと思います。(65歳男性)

歯周病が進んだ時はどういう治療をするのか知りたい。(57歳男性)

私は歯の方は60歳まで虫歯等になったことはなく、歯医者には行ったことがなかったのですが、60歳でタバコをやめて口が淋しいので甘いもの(飴等)をよく食べてきた結果が虫歯につながったことを今日先生の話を聞いてよくわかりました。大変素晴らしい感覚の理論だと思いました。(79歳男性)

歯のことに関してみて見ぬふりをしてきましたが自分が主体となって知識を求めていけないといけないんだと実感しました。(45歳女性)

第85回 歯のタウンミーティング

3月24日(火)18時30分より第85回 歯のタウンミーティングが開催されました。

<患者さんのご感想>

今まで考えたことがないことであり、勉強になりました。初めて違う角度から歯の健康について考えさせられました。今日の話では情報不足と思い込みが残念な事態を招くということが印象に残りました。自分のは何とかたくさん残していきたいと思っています。今日はありがとうございました。(59歳女性)

私も長い間歯周病治療に通ってましたが、結局どんどん悪くなっていきました。先生のお話を20年前くらいから聞いていたら…。ありがたいお話ありがとうございました。(40代女性)

予防が大切であることを再確認できました。甘いものを控える、フッ素をぬりたぐる、歯磨きをするをしっかり守ろう思いました。1時間ありがとうございました。(18歳女性)

メインテナンスは今後も続けていこうと思いました。先生の話は現場の安全のおじさんが話すことより面白かったです。(48歳男性)

歯のことがよくわかってよかったと思う。自分でもよく生かして歯磨きしようとおもう。(60歳男性)

良い歯医者さんに巡り会えたと信じて定期検診に通いたいと思います。熱量を常に感じて自分でも習慣化していきたいです。(46歳女性)

話が面白かったです。また機会があれば先生の違う内容の話を聞いてみたいと思います。その時はまたお声掛けください。(29歳男性)

治療すれば治った、歯磨きをすれば大丈夫と思っていました。定期的に専門の先生に見ていただくことは大事だと思いました。これからも定期的にメンテナンスに伺いたいと思います。またタウンミーティングも参加したいと思います。(42歳女性)

 

恋つづ

学校の帰りに、走って病院に入ってきて、「明日から学校が休みになるから先生と友達に会えん」と、大号泣。。
そんな ななはちゃんをみていると、どんなドラマを観るよりもキュンキュンしてしまいます。いまのまま、可愛らしい大人になってくださいね♪

ななはちゃん ありがとう!!

 

 

 

伊藤園新俳句大賞第36弾

「タンポポに 気持ちを告げて 君に吹く」

滋賀県の女子高校生の一句です。

タンポポってほんわか春を感じます。

卒業シーズンですが、感謝の気持ち、大好きな気持ち、いろいろな想いを込めて……

大切な人に伝えることができたらなと思います。

卒業 おめでとうございます!