伊藤園新俳句大賞第28弾

「兄ちゃんに 負けたくないので おかわりする」

福島県の11歳の男の子の一句です。

偏食気味な小2のわが子、この子にまねておかわりしてほしいなあ。

5歳離れている兄ちゃんにこれ以外は闘志メラメラなのに……(笑)

子供たち、いっぱい食べて大きくなあれ!!!

第71回 歯のタウンミーティング

平成31年4月23日 12:30〜第71回歯のタウンミーティングが開催されました。

<患者さんのご感想>

歯を丁寧に磨かなくてはと反省しています。虫歯の怖さがよく分かりました。お忙しい中予防に対する先生の思いが伝わりました。学習会ありがとうございました。(39歳女性)

初めて参加させて頂きましたが、毎日の自身のケアが何よりも大事だということが改めて身にしみました。間食を控える…ということはなかなか厳しいですが、砂糖の量を思い出しながら生活していきたいと思います。また機会がありましたら先生の講義を受けて戒めにしたいと思います。(45歳女性)

歯医者の目的は治療が1番だと思っていました。でも予防を目的として通うことの大切さを改めて感じました。あとは虫歯はしっかり歯磨きと甘いものを気をつけることだと思っていたので1日3食きちんと気をつけて内面からも心がけようと思いました。(35歳女性)

私は間食が多いので心配です。量は必ず決めて食べています。子供の頃から緑茶が好きで食べたあとは必ず飲むようにしています。炭酸類はほとんど飲まないようにしています。今日のお話では甘いものを取らない、これが一番辛いですね。理解と…戦いですね。(66歳女性)

普段の生活の中で、意識する時も必要なんだと気づかされました。今回、特に食事をする時間の間隔や食事内容(特に甘いもの)等、気にかけることが大切ということを改めて知りました。また歯磨きも1本1本丁寧に行って、鏡を見ながら確認する癖をつけようと思います。(39歳女性)

歯周病はなぜ痛まないの?

Q:虫歯は痛くなるのに、どうして歯周病は痛くならないの?

A:歯周病はかなり進行するまで痛みが出にくいからです。

なぜ出にくいかというと、歯周病は歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌が起こす病気です。

歯周病菌に感染すると膿が生じるのですが、初期の段階では歯周ポケットから排出されるため、痛みが生じないのです。

ところが歯周病が進行すると歯周ポケットの深いところで膿が生じ、外に出にくいので歯周組織が圧迫され、痛みを感じ始めるのです。

自覚症状がないため歯科にかからず、痛みが出て検査を受けたら、すでに重症化しているという診断を受ける場合が多いのが歯周病の特徴と言えます。

歯周病を防ぐには、毎日の正しい歯磨きで確実に歯垢を除去し、定期的に歯科医院で検診を受け、予防することが何よりも大事なのです。歯が揺れたり、歯茎から出血する場合には、手遅れになる前に、歯科を受診なさってくださいね。

 

 

かのんちゃん

シャッターチャンスをお母さんは逃しません。

なんてかわいいんでしょうか!

かわいいのは笑顔だけではありません。名前もかわいいのです。

奏音(かのん)ちゃん。

お父さん、お母さんが歌うことが好き→音楽好き! という事で名付けられました。

これから3人でどんな音、ハーモニーを奏でられるのでしょうか。。

かのんちゃん、ありがとう!

第70回 歯のタウンミーティング

3月19日12:30より第70回歯のタウンミーティングを開催しました。

<参加者のご感想>

歯が痛くなった時にはもう遅く、痛くなったからには心の整理・若い世代に予防の大切さを伝えることが大事だということがわかりました。手間暇かけて作ったものが体にも歯にも良いことを聞いて今までの食生活を反省するとともにこれからの食生活にも気をつけていきたいと思います。(57歳女性)

痛い目に合わないと(困らないと)歯の治療に行かないというのはほとんどの方は軽く考えているところもあると思います。(私もですが)先生の活動は素晴らしいと思いました。ありがとうございました。(40歳女性)

慣習はなかなか変えられない。色々な情報はあるがどれが自分に必要かどうか考えないといけない。知っていても行動できないことが多いが努力すべき。(50歳女性)

歯磨きの仕方で鏡を見て磨く、1本ずつ磨く、順番に磨くというのを教えていただいて実践するとプラークが取れているように思います。お忙しい時間をとって教えていただきありがとうございました。(58歳女性)

もう少し早く知りたかった。後半はすごくためになりました。もっと聞きたかった(68歳女性)

 

伊藤園新俳句大賞第27弾

「仕送りの 荷物のすべてが 母の愛」

福島県20歳の女性の一句です。

私も県外に出ていた学生の頃、母にたくさんの仕送りをしてもらっていました。

家でとれた野菜やお菓子、あと諸々と、、、お弁当も必ず入っていました。

そのお弁当、母の手作りのおかずがたっくさんつめてあり、私は家が恋しくて懐かしくて涙しながら食べていました。

 

新年度が始まりました!

進学、就職で離れる人…、母の愛に感謝して頑張りましょう。

私も気持ち新たに頑張ります!!

ガッテン

イワサキさんは、今年86歳です。

お元気で、若々しさを保たれてる秘訣は、

毎日20分の散歩、頭の体操、よく聞こえる耳、そして、背筋がピンと伸びていることだと

お聞きして、ガッテンしました。

いつまでもお元気で。

イワサキさん、ありがとうございました。

親知らずは抜いた方がいい?

Q:親知らずは必ず抜いた方がいいのですか?

A:親知らず=必ず抜歯ではありません。

こんなときは要注意!

1、親知らずがななめや横向きなど、他の歯と違う生え方をしていると、汚れがたまりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また親知らずが隣の歯を押すことで、歯並びが悪くなったり歯が弱くなったりしてしまう可能性があります。

2、親知らずが上下どちらかのみに生えていると、噛み合わせが合わなくなってしまいます。そんな時は、抜歯を検討する必要があるでしょう。

3、親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、まわりの健康な歯にも影響が及んでしまう可能性があります。ただ、虫歯や歯周病の症状が軽度であれば、治療したうえでそのまま残すことも可能です。

抜かなくてもよい親知らずもあります。

きれいに生えており歯として機能している場合や親知らずが完全に歯ぐきの中に埋まっている場合は抜歯を行わずに済む場合がほとんどです。

インプラントの治療

Q:インプラントの治療は誰でも受けられるの?

A:インプラントは顎の骨と結合するため、顎の成長が終わっていないお子さんには基本的には治療を行いません。そのため一般的に骨の成長が終わる年齢(16〜20歳)以降に治療をするのよいと言えます。また70歳以上の高齢者の方でも抜歯などの手術を受けられる健康状態であれば可能です。

 

 

ヒロト君とメイちゃん

 

見ている人も笑顔になります。

メイちゃんは12月3日生まれでカメラを向けると、最高の笑顔に。

ヒロトくんは幼稚園に行って(すみれ組)います、縄跳びが大好きだそうです。

ヒロト君が元気いっぱい、楽しそうに縄跳びをしている姿が浮かんできます(ぴょーん、ぴょーん)

ヒロト君、メイちゃん ありがとう!