当院が実施する新型コロナウイルス対策について

当院では新型コロナウイルス感染予防を徹底して、患者さんが安心して受診できる様に対策をしていきます。

状況に応じた感染予防の実行、感染拡大地域の指定

・当院では新型コロナウイルスの感染予防対策として「正しく恐れる」を実践するために、統計や科学的根拠に基づいて必要な感染予防策を実施します。

・2週間以内に感染拡大地域に移動歴がある方は緊急性のない処置に関しての治療延期や治療の縮小をお願いする場合があります。また体温測定等のご協力をお願いします。

・感染拡大地域の指定は人口10万人に当たりの1週間以内の感染者数を根拠にしております。

新型コロナウイルス感染症まとめ Yahoo! JAPAN




飛沫感染の予防

・診療前、お昼休憩時間、診療後に窓開けなどによる換気を徹底します。状況に応じて診療時間も換気に努めます。
・スタッフは常時マスクを着用します。
・処置の際はゴーグルまたはシールドを着用します。
・対面での会話を避けます。
・吸引装置は積極的に使用します。

手指消毒の徹底

・積極的な手洗い、消毒用エタノールや次亜塩素酸水を用いて手指消毒をします。
・患者さんには来院時に必ず入り口で手指消毒をする様ご協力をお願いします。
・物を触る時は、自分の手が感染源になっていないかを確認します。手で顔周辺を触らない様に努め、こまめに手指消毒をします。

接触感染予防、予約制の徹底

・ユニット周りだけでなく、コンピューター機器類の清拭を行います。
・ドアはなるべく開放し、ドアノブやユニットの取手など患者さんが触る場所の清拭をします。
・使用したグローブの取り扱いに注意し、すぐに捨てることを徹底します。
・吸引装置は積極的に使用します。
・待合室の人数をできる限り少なくして、「密集・密接」を回避する様に心がけます。
・予約時間に余裕を持たせ、使用ユニットの調整をします。
・希望があれば車内待機も可能です。受付にて申し込んでください。
・待合室の人数をできる限り少なくして、「密集・密接」を回避する様に心がけます。
・予約時間に余裕を持たせ、使用ユニットの調整をします。