顎関節症

Q:口をあけると顎がカクカク鳴るのですが、顎関節症ですか?

A顎の関節に様々な症状が出ることを、まとめて顎関節症といいます。

例えば口を開こうとすると顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む、

あるいは十分に口を開けられない。

または口の開け閉めで顎関節に音がする。

という症状が出ます。

基本的には顎関節に過大な力がかかり続けることなどが原因で、

関節の動きをスムーズにさせている関節円板(靭帯のふくらみ)

の位置がずれることにより起ってくるとされています。

カクカクなる音は、そのずれが軽微なときに起る関節雑音です。

音だけでは顎関節症ではありません。

軽度の物であれば単に様子を見ていく経過観察とすることも多いです。

症状が大きくなってくる方、気になる方はマウスピースを作ったり、

かみ合わせの調整をしたり、詰め物や被せ物の形、高さを治したりすることもあります。

顎関節症の原因には、かみ合わせや姿勢、生活習慣など、さまざまなものが考えられます。

様々な考えられる原因の中で、「かみ合わせのずれから起っている」

という場合は歯医者さんで治すことができるのですが、それ以外の場合も多いということです。

必ずしも歯医者さんで治せる、というわけではありません。

マウスピースで改善の見られない場合、つまりかみ合わせ以外の原因から顎関節症になっている場合、一度大学病院などで精密検査をおすすめすることもあります。

まずは一度診察を受けられて、マウスピースにて、かみ合わせに原因があるかどうかを調べてみてみましょう。