妊娠中の歯の治療

Q:妊娠中に歯の治療を受けても大丈夫でしょうか?

麻酔やレントゲンなど赤ちゃんへの影響が気になります

A安定期(妊娠5〜7ヶ月、16〜27週頃)であればほとんどの

歯科治療は問題ないと考えられています。

妊娠2ヶ月まではいろいろな悪影響を受けやすいため、十分な注意が必要です。

妊娠初期はつわりで気分が悪くなりやすい時期なので、なにか処置を

するにしても応急処置程度にとどめておくほうが望ましいです。

妊娠8ヶ月以降は赤ちゃんが大きくなって母体に負担がかかる時期なので

応急処置とし、出産後に改めて治療するほうがよいです。

レントゲン撮影の影響ですが、歯はお腹から離れているのに加え

鉛のエプロンをしていただきますので、お腹の赤ちゃんが被ばくする量は

限りなくゼロに近いため赤ちゃんへの被ばくの影響は全くないのに

等しいことがわかっています。

麻酔も影響しません。

歯科で使う麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。

そのうえ血管収縮剤が入っているため治療する歯の周辺にしか麻酔薬は停滞しません。

”妊娠中は歯の治療を受けない方がいい!” という人がいますが

妊娠中にこそ虫歯や病気がある人は治療をし、トラブル予防のケアをすべきなのです。

歯が痛む時、歯ぐきの腫れや出血がある場合は早めに受診し、妊娠していることを

伝えたうえで治療を受けましょう。

また虫歯や歯周病は自覚症状が出た時にはかなり進行しています。

痛みがなくても初期虫歯や歯周炎であることもあるため、安定期に入ったら

一度受診することをおすすめします。