マウスピースの洗浄

Q:マウスピースのお手入れ、保管方法はどうしたらいいですか?

A:マウスピースはハードタイプとソフトタイプの2種類あります。洗浄方法はどちらも同じで水かぬるま湯で柔らかい歯ブラシで優しく洗います。

注意することは、熱湯はマウスピースが変形するので使用しない。硬い歯ブラシや研磨剤の入っている歯磨き粉は、表面を傷つけて細菌が繁殖し、臭いの原因となるので使用しない。

手洗いだけでは汚れや細菌を完全に除去することが難しいので、つけ置きタイプの洗浄剤で除菌すると効果的です。

マウスピース専用も売られていますが、入れ歯専用のポリデントでも除菌効果にあまり差はないのでどちらを使っても問題ありません。洗浄剤を使用した後は、しっかりと洗い流しましょう。

保管方法はハード、ソフトタイプで吸水性に違いがあるので注意することがいくつかあります。

<ハードタイプ>

吸収性が高いので、乾燥させてしまうと破損しやすくなります。使わない時は、ケースで水に漬けて乾燥を防ぐ必要があります。持ち運ぶ時は、濡れたティッシュなどで包むといいです。

<ソフトタイプ>

ハードタイプとは反対にソフトタイプは吸収すると、変形や劣化を引き起こす恐れがあります。洗浄後は水を切り、十分に乾燥させてからケースに入れて保管します。

汚れたままのマウスピースを使用すると、虫歯や歯周病の原因になるので、お口の中とマウスピース両方を清潔に保つように心がけましょう。